2013年2月13日水曜日

2013.02.13 喜多麗子 『フジ子・ヘミング 真実の軌跡』


書名 フジ子・ヘミング 真実の軌跡
著者 喜多麗子
発行所 角川書店
発行年月日 2004.04.06
価格(税別) 1,500円

● 「ドラマでは描かれなかった物語」との副題がある。このドラマは,2003年10月17日にフジテレビ系で放送された「フジ子・ヘミングの軌跡」のことで,著者はこのドラマのプロデューサーを務めた人らしい。

● 著者がフジ子・ヘミングになっているものでも,別にライターがいて,そのライターが本人に取材して描いたものが多いんじゃないかと思う。本書はそれらの本に登場しないシーンも出てくるので,いくつか彼女に関する知識が増えたというのが,収穫といえば収穫。
 けれども,彼女について知ろうとすれば,『運命の力』(TBSブリタニカ)1冊を読めば,だいたい足りるかなと思いますね。

● 3月1日に宇都宮で彼女のリサイタルがあるので,聴きにいくことにしている。チケットは1万円。
 それなりに痛い出費ではあるけれども,彼女のCDは繰り返し聴いているし,今ここで生を聴いておかないと,後悔するだろうと思って。

0 件のコメント:

コメントを投稿