2014年12月13日土曜日

2014.12.11 日本能率協会マネジメントセンター編 『NOLTY BOOK』

書名 NOLTY BOOK
編者 日本能率協会マネジメントセンター
発行所 日本能率協会マネジメントセンター
発行年月日 2014.11.20
価格(税別) 700円

● 副題は「手帳を愛するすべての人へ」。NOLTYの広報ムック。したがって,価格も700円とかなり安い。発行元が編者になっているけれども,取材や構成は外部に委託したっぽい。

● ユーザーインタビューから手帳の製造過程,能率手帳が生まれた1949年以降のNOLTYの歴史を紹介。社員も何人か紹介されている。
 面白く読んだ。というのも,ぼくも能率手帳のユーザーなので。

● ぼく一個の手帳歴を辿ると,学生時代は憶えていない。
 社会人になって最初に使ったのは,新潮社の手帳だった。今は作っていないと思う。ごく薄いやつだったけど,予定を書くだけなら充分すぎた。

● 次は,プレイボーイ手帳というのを何年間か使った。月刊プレイボーイを買うと購入申込書が印刷されていた。
 読者プレゼントといいながら,もちろん有償。最初に革製のカバーを買わないといけないんだけど,以後は本体だけを買えばよかった。本体は800円だったかな。
 判型といい,厚さといい,けっこういい手帳だった記憶があるけど,プレイボーイっていうのに惹かれる自分ってどうなのよと思ったのかなぁ。あるいは,集英社が製造をやめたのだったか。

● そのあとに能率手帳を使いだした。最初は小型版。次の年から通常の大きさのやつ。以後は,ずっと能率手帳ひと筋。
 そのうち,システム手帳がブームになり,ぼくの周囲でも使うヤツが出始めて,ぼくもシステム手帳に替えた。が,能率手帳のフォーマットを変えるつもりはなかったので,最初からBindex。
 A5をしばらく使っていたんだけど,バイブルサイズも使うようになり,ときには綴じ手帳に戻ったりしながら,能率手帳ワールドの中で遊泳していた感じ。

● ここ数年はバイブルサイズで安定している。中身はBindexの11番。これが能率手帳フォーマットで,ここを動かすことは考えたことがない。
 “ほぼ日手帳”をはじめ,気になる手帳はある。ぼくなんかはダイソーの百円手帳で充分だとも思う。
 が,年金暮らしになっても,たぶん,これを使い続けそうな気がする。

● どこがいいのか。外形的なことをいえば,まず紙の強度。
 バインダーに挟んだ状態でいくらページを繰っても,穴から紙にひび割れが起こることはない。右のメモページには新聞の切り抜きを縮小コピーしたものとか,食べたお菓子の包装紙とかを,何重にも貼りつけることがあって,穴にはけっこうな重量がかかっていると思うんだけど,まずもって問題が出ない。

 クリーム色で目が疲れない。
 この手帳にはハイテックCコレトに4色(黒,赤,緑,青:0.3㎜)のリフィルを入れて使っているんだけど,筆記具のせいなのか紙のせいなのか,じつに書きやすい。

● ちなみに,筆記具にはけっこう変遷があって,っていうか,手元にあるものを何でもかまわずに使っていた。粗悪なゲルボールペンだろうと,万年筆だろうと,裏写りを味わったことはない。
 今はハイテックCコレトで落ちついた。もっといいものがあるのかもしれないけれども,これでいいやと思っている。

● というわけで,能率協会さんには日頃からお世話になっているんだけど,手帳っていうのは,たぶん,あまたある生活用品の中でも最も保守性が発揮されるアイテムではあるまいか。いったん気に入れば,よほどのことがあっても変えることがない,っていう意味で。
 であればこそ,“ほぼ日手帳”の成功が際立って見えるわけだ。ダイソーの百円手帳も普及,定着すればたいした快挙だといえると思う。

● いくつか転載。
 マッキンゼー時代に思いましたが,グローバルに活躍している人ほど,手で書く行為を大切にしていました。(戸塚隆将 p43)
 現場でも何かあればすぐにメモしてましたね。とにかくメモ魔なんですね,私は。そして何でもかんでも記録されていると周囲の人々にも知られたこのメモの存在が,自分の身を守る盾になってくれたこともあるし,あとから文章を書く時も大変役に立ちました。(佐々淳行 p83)
 手書き派には嬉しいコメントだけれども,「手で書く行為を大切にしてい」れば,「グローバルに活躍」できるようになるかといえば,当然ながらそうではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿