2017年4月23日日曜日

2017.04.22 番外:FLIX 2017年6月号

編者 松下元綱
発行所 ビジネス社
発売年月日 2017.06.01
価格(税別) 917円

● 映画雑誌。したがって,表紙は木村拓哉。で,これも購入。

● 読んだのは冒頭の木村君のインタビュー記事のみ。そこからいくつか転載。
 “一緒にやりませんか?”と言っていただき,本当に快諾させていただきました。監督ご本人の口からそういう言葉をいただけるのが,僕らのような仕事をしている人間にとっては一番恵まれた瞬間だと思うので。
 (三池監督からは)一度も演出はしていただかなかったんです。でも,何て言ったらいいんだろう? 現場では本当に,監督が作り込む作業,のめり込む作業が三池組を象徴している気がして。(中略)その情熱を全員が感じ取れる現場でしたね。
 安全第一で作業すればするほど,どうしても痛みって忘れがちなんです。実際は,痛くも何ともないので。けれど,やっぱりヴィジュアルから伝わるであろう痛みを伝えるのは自分の責任だ
 役としての痛みは自分の責任だけど,自分自身の痛みは撮影に関係ない。
 自分自身で万次を作り上げるというよりは,杉咲花ちゃんが演じてくれた町や凜のことを感じ,自分の中で解釈したり,飲み込んだりして,自分の表現に変換させていただく感覚でしたね。彼女が苦しめば苦しむほど,万次としてはアクセルの回転数が上がる。
 彼(市川海老蔵)の何がすごいって,動いても着物が全く着崩れないんです。
 (妹の町が殺されるシーンは)本編の中では冒頭にあたるんですが,実は僕のクランクアップのシーンで。(中略)あのシーンに限っては手を決めないでやろうとなりました。“とにかくこっちは殺しに行くので,それに対して反応してください”と言われて,“分かりました”と。(中略)非常にライブ感のある撮影でした。やるからにはという思いもどこかにありますし。しかも,肘から先しかフレームの中に映っていないんじゃない? という人まで,全力なんです。(中略)そういった出演者の方々に,出演者の方々の1カットにかける思いや情熱に,自分も触発された部分は大きいと思います。
● というわけで,今月29日の封切りが待ち遠しい。言うも愚かながら,この映画(「無限の住人」)は絶対に見る。

0 件のコメント:

コメントを投稿